chouchou児童発達支援事業所

chouchou(シュシュ)ってなあに?

シュシュ画像

「シュシュ」という言葉は、フランス語で「お気に入り」という意味をもちます。
お気に入りの空間(第二の我が家)になってもらいたいという想いを込めて名付けました。

メッセージ

「障害=個性」と位置付けるのではなく、障害を「特徴」として捉えてみてください。
客観的に不自由を強いる特徴が大半ではありますが、主観的に不自由と感じない特徴、その子の強みとなる特徴もあり、そういった特徴を大切にすることで「特長」となり、その子の「個性」として培っていくものだと思うのです。
すなわち、特徴をどう捉え、どう向き合っていくのかが重要であるのではないでしょうか?

障害者を語る時、健常者と「区別」して語っていた言動も、健常者をベースとし比較対象としてしまうことで「差別」と捉えられてしまうことがあります。
まずは、ご家族様が障害を受容し、「他の子みたいに〜」や「〜を直す」、「〜をやめさせる」といった考えは捨て、健常者を比較対象から切り離し、あくまでも健常者とは「区別」した、その個々人として考えていく必要があると思います。
chouchouに通うことで悩みや苦労が解消されるわけではありません。
私たちにできることは限られており、ご家族様の代わりではないのです。
ご家族様が主体となって私達と一緒に、お子様と向き合うことが大切であることを理解してください。
一緒にお子様の成長の背中を押してあげ、可能性を広げていきましょう。

シュシュ画像

chouchouの理念

c
childlike(子どもらしさ):何より子どもらしさを大切にしましょう
h
hope(希望・期待):希望を持って取り組んで見ましょう
o
objective(目的・目標):目的・目標をもって行動してみましょう
u
unique(唯一の・独特な):お子様の個性を伸ばしましょう
c
create(作る・創造する):自分で考える、創造する力を養いましょう
h
heap(積み上げる・たくさん与える):急がず、少しずつ積み上げていきましょう
o
order(秩序・順番・整理):社会のルールを守り、秩序を身につけましょう
u
understand(理解する・分かる):障害を受け入れるとともに、自分には可能性があることを理解しましょう

事業の内容

利用対象者 発達に障害のある就学前のお子様(概ね2歳〜6歳)
定員 10名
開館日 月曜日〜金曜日
利用時間 午前9時〜午後3時
休館日 土・日曜日/国民の祝日/年末年始など
職員配置 管理者:1名、児童発達支援管理者:1名、児童指導員・保育士・指導員:4名

児童発達支援事業所

chouchou

住所
〒379-2232 群馬県伊勢崎市小泉町353-5
電話 /FAX
TEL:0270-75-3797 FAX:0270-75-3799
chouchou伊勢崎

chouchou 熊谷

住所
〒360-0811 埼玉県熊谷市原島1066-3
電話 /FAX
TEL:048-579-5512 FAX:048-579-5513
chouchou熊谷

chouchou 太田

住所
〒373-0813 群馬県太田市内ヶ島町376-1
電話 /FAX
TEL:0276-47-3741 FAX:0276-47-3742
chouchou太田

放課後等デイサービス

chouchou

住所
〒379-2232 群馬県伊勢崎市小泉町353-5
電話 /FAX
TEL:0270-75-3797 FAX:0270-75-3799
PAGE TOP