NEWSニュース

 

 

児童発達支援事業「chouchou(シュシュ)」にフランチャイズ加盟された安部オーナーに、加盟のキッカケや今後の展望など、インタビューさせていただきました。

 

Q.chouchouFCのどこに魅力を感じ、加盟を決められたのでしょうか?

 

元々、飲食事業を中心に経営を行っておりました。

昨今の新型コロナウィルスの影響により、飲食事業の経営自体の不安定感から新しい事業への参入を検討していました。

 

そんな中で、1からで新しい事業に取り組むのではなく、魅力的なフランチャイズ事業を探していました。

 

色々な加盟事業の話を聞かせて頂いた中で、1番魅力を感じた事業が、児童発達支援事業を展開する「chouchou(シュシュ)」だった為、加盟を決断しました。

 

もちろん、経営として大事な収支の部分は不安ではありましたが、

実際に稼働されている施設にも足を運び、その社会貢献性に感銘を受けたのが加盟を決めたとても大きい要因です。

 

Q.chouchouFCへ加盟する際に不安だった点は無かったでしょうか?

 

 

加盟にあたり、全く新しい事業であった為、知識面や経験値としての不安はありました。

 

しかし、本部の方々のフォロー体制については安心できる部分が多くあります。

 

月に一度などで定例のMTGなどを設けてもらえると尚良いと感じてはいます。

 

Q.前職、または本職はどんなことをされていましたでしょうか?

 

 

本業は前述の通り、飲食業です。

 

都内にて飲食事業(4店舗)と、飲食関連のコンサル事業を行なっておりました。

 

 

Q.なぜ、障害福祉サービス事業を選ばれたのでしょうか?

 

収支モデルが、とても魅力的でした。

 

私自身も子どもが生まれたばかりということもあり、福祉事業に関して以前より興味を持つ機会が増えていたのも事業選択した理由としては大きいです。

 

実際の現場を見て、より一層その社会貢献性から是非加盟出来ればと考えました。

 

Q.加盟されたchouchouについて、今後の展望をお聞かせください。

 

 

先ずは新規事業ということもあるので、本部から提示されている実際のモデルシミレーションに近い運営を目指していきたいと思っています。

 

実際に運営をはじめて利用者さんの需要が高まるようであれば、出店数を増やしていきたいと考えています。

 

・・・・

 

児童発達支援事業「chouchou(シュシュ)」では、フランチャイズオーナー様を全国的に募集しております。ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

 

PAGE TOP
HOME